小学年2年生 床矯正スタートするにはちょうどいい時期👆

子育て
この記事は約2分で読めます。

先日、ついに次男(8歳)も、床矯正スタートしました!

今までの流れをご報告します。

 

1 レントゲン撮影をして、大人の歯のスペースがあるかを確認

スペースが無い事が判明💦

 

2 床矯正するのと同時に、【歯列矯正用咬合誘導装置】

口の筋肉を鍛える装置を購入(19800円💦)

毎日1回~2回  3分間 口の中に入れて、舌・口唇・顎を鍛える

これは、痛くもなく、子供達は、歯磨きの後 やってくれてます。

3 床矯正用に型を取る

この型取りが、子供達には嫌がられます💦

粘土のようなものを口に入れ型を取るのですが、奥歯まで入れるので

必ず、「うえ~うえ~😭」ってなります。粘土のようなものが固まるまで

ひたすら励まします。

 

4 2週間後、完成です★

次男も、上下の矯正を作りました。

お値段 176000円💰!!

長男は、2回作ったので、多分次男も ×2💦

本当に 高いです。

もう頑張って働くしかないです(笑)

この装置が割れてしまった場合は、くっつけて直してくれたりも出来ます。

ただ、失くしてしまうと、、、 多分、また同じ値段・・・。怖いです。

長男は、学校に置き忘れはありましたが、なんとか今まで無事です。

一回、焼き肉屋に置いてきてしまい、ごみをあさらせてもらった事があります。

皆様も、矯正を外した際は、本当にご注意ください!

このピンクの装置の小さな穴に、棒を入れて、一週間に2回 45度ずつ広げていきます。

上下の矯正を付けると、やはり滑舌が悪くなります。

また、最初は装置がうまく調整出来ていないと、痛みが出ることもあります。

本来は、痛みはないものなので、痛いと言っていたら、

歯医者さんに調整してもらったほうがいいです。

ちなみに、調整代はただです★

一か月に2回 矯正の調整があります。

一回4000円です(泣)高い・・・。

タイトルとURLをコピーしました