子供の歯 小児矯正はいつから始めたらいいの?

子育て
この記事は約2分で読めます。

🌷治療はいつから始めた方が良い?

矯正治療は、全ての歯が永久歯に生え変わる5~10歳までに始めることが

最も適していると言われています。

その時期であれば骨格が成長途上にあるため

顎の成長を促進したり、抑制したりすることができます。

永久歯が生えそろう11歳以降は成人と同じ、

本格的な矯正治療を行います。

歯に直接力を加えて動かしていく方法です。

 

長男が2年生の時、フッ素コートを塗りに、

3か月に一度、歯医者に通っていました。

最近抜けた歯が、犬歯(10歳くらいまで抜けてはいけない歯)だったのに、

疑問を感じ、レントゲン撮影。

なんと、下の大人の歯が、大きすぎて本来抜けない犬歯にぶつかり抜けてしまったと判明。

大人の歯をレントゲンで確認すると、大人の歯1本分の隙間がない(>_<)

すぐに、矯正をしましょうとなりました。

 

🌷自宅で簡単に出来る歯並びチェック

幼児

★前歯の歯と歯の間に1~2mm程度の隙間がありますか?

★噛み合わせたときに上の前歯は下の前歯にかぶさっていますか?

★上下の歯は合計で20本ありますか?

★指しゃぶりはしていませんか?

 

小学生

★前歯の歯と歯の間に1~2mm程度の隙間がありますか?

★噛み合わせたときに上の前歯は下の前歯にかぶさっていますか?

★前歯の永久歯が左右で本数が同じになっていますか?

★口呼吸になっていませんか?

 

🌷歯並びを整えるメリット

★むし歯や歯周病のリスクを減らすことが出来ます。(糸ようじが本当に楽です!)

★正しい噛み合わせが出来るようになります。

★コンプレックスの解消につながります。

(主人は、八重歯があり、子供の頃からのコンプレックスで笑う事が嫌いになったそうです💦)
タイトルとURLをコピーしました