海外口座と国内口座 どっちがいいの?

海外FX
この記事は約3分で読めます。

🌷ゼロカットシステム

海外口座 ゼロカットシステム あり
国内口座 ゼロカットシステム なし
ゼロカットとは、ロスカットが間に合わず口座残高がマイナスになってしまった場合に、
その損失分を業者が負担して口座残高をゼロにリセットしてくれる
海外FX独自のサービスのことです。
私が、海外XMを使用している一番の理由は、このゼロカットシステムがある事です。
入金以上の損失はありません。
すなわち、借金を背負う事はないのです。
資金を増やす為に始めたFXで、減らすどころか、
借金を背負ってしまうリスクまで取れません。
海外FXは、税金面で、多く利益を獲た場合、税金がどんどん上がっていってしまう
デメリットもありますが、まず、初心者さんは、
ゼロカットシステムのある海外FXを利用した方が安全ではと思っております。

🌷レバレッジ

国内口座 レバレッジ25倍
海外口座 レバレッジ約200~1000倍
FXの最大の特長は、担保となる手元の資金(取引保証金)に「レバレッジ」をかけて、
何倍もの金額の外貨を取引できることです。
普通なら、10万円の資金(取引保証金) であれば10万円分の取引しかできません。
しかし10倍のレバレッジを使うと、取引できる金額が10万円の10倍、
つまり100万円となります。
レバレッジをかけると、手元の資金(取引保証金)の何倍もの金額を取引できるのです。
これがレバレッジの特長です。

国内口座はたったの25倍しかかけることができません。

なぜ25倍までしかかけられないかというと、

金融庁が投資家の資産を守るために規制行ったそうですね。

海外口座には規制がないので、そこが最大のメリットでしょう。

🌷スプレッド

国内口座はスプレッドが狭い
海外口座はスプレッドが広い
スプレッドとは、売値と買値の価格差のことで、この価格差が実質的な手数料(コスト)
となり、FX会社の収入源の一つとなっております。
スプレッドの「狭い」と「安い(低い)」は同じ意味であり、

「広い」と「高い」は同じ意味です。

🌷ロスカット

国内口座 ロスカット水準【50%~100%】
海外口座 ロスカット水準【20%】

ロスカットとは、含み損が大きくなりすぎた場合に

自動的に行われる強制決済のことをいいます。

レバレッジを高くかけることが出来る反面、

損失もかなり大きくなってしまう可能性があります。

証拠金が全額なくなってしまうばかりか、

不足金が発生してしまう可能性もあります。

それらのリスクを避けるためにあるのがロスカットです。

基本的には、根拠ある損切を行うのが一番です。

ロスカット水準はあまり気にしなくてもいいかと思います。

🌷ボーナス💰

海外口座は国内口座よりボーナスが豊富です。

XMの場合ですと口座開設をするだけで3000円分のボーナス

100%初回入金ボーナス(上限5万円)+20%追加入金ボーナス(上限なし)

を受け取る事ができます。

海外口座の場合はスプレッドが広い代わりにボーナスやレバレッジを

充実させてますので、国内口座よりボーナスが豊富になっています。

 

海外FXの税制におけるメリット💰

一番オススメ 海外XM 口座開設手順✨

タイトルとURLをコピーしました