小学校から塾に通っているのは、公立中学校の不平等が理由★

子育て
この記事は約3分で読めます。

私の住んでいる地区では、都内にとっても近い事もあり、

ほぼ小学6年生 9割以上が塾に通っています。

なので、今回、学校が休校になっても、

学習面の不安はどの親御さんからも出てきません。

学校=学習するところの認識がないのです。

これは本当に残念に思います。

現に、長男は、学校は友達と会える楽しい場所

塾は、本気で勉強する場所と分けております。

私も、学校の成績について気にしていなく、

楽しく過ごすのを一番に望んでいます。

本来ならば、昼間に手厚い教育を受け、

夜は塾に通わず、学校の復習で終わらせ、早く休ませたい。

なぜ、こんな教育になっているのでしょうか・・・。

なぜ、皆が、経済的に余裕がなくても、

私立の小学校の様な授業料を払って塾に行かせるのか。

それには、理由があります。

日頃から、思っていることを書きたいと思います。

 

🌸公立の中学校の成績の内申制度の不公平

通っている先輩ママからのお話です。

①中学の成績が先生のさじ加減で決まることもある。

大人しく、問題を起こさない静かな子供が評価され、

個性や、学力の実力で評価されない。

これは、今、公立の小学校の担任の先生で思う事があります。

長男は、塾を特待生で通っております。

(家庭の事情で💦特待割引がある塾に転塾してくれた親孝行な長男です♡)

でも、がり勉ではなく、お友達命の子供なので

とにかく元気です。

大人しい(手が掛からない)= 勉強出来る子 = 成績よくなる

学校で、成績を取っているお子さんの特徴は、

まさに手が掛からない大人しい子なんです。

何をしても平均的に出来る子供。

 

長男のひらめきやアイデアを、

認めてくれて伸ばしてくれるような先生は本当にいません。

私の考えは、その子の個性を伸ばしてくれて、

平等に評価される環境を望んでいます。

塾の先生は、とっても子供達の性格も理解して、

うまく学力も伸ばす努力をしてくれています。

信頼しているのは、小学校の先生ではなく、

塾の先生です。

 

➁中学校間で、内申点の基準が大きく違うこと。

高校入試で内申点は、受ける高校によって変わりますが、

内申点1点の差は本番の入試で20点分の差ぐらいになります。

20点分とは問題3,4問分です。

内申が3違えば、10問分ほど違ってきます。

通っている中学が違うだけで、

住んでる地域が違うだけでこんなに変わってきてしまうのです。

また推薦入試では内申点がさらに重要になってきますし、

内申点だけで私立の併願が取れたりします。

併願が取れる高校のレベルも変わってきます。

 

私の住んでいる地区は、中学受験に関係なく、

皆が塾で勉強しているので、

全体の学力が市の中でトップの中にあり、

公立の小学校でさえ、成績を取るのはとっても大変です。

そのまま、公立の中学校に行っても、

他の地区との内申点の基準が違く、不公平になります。

 

このような思いがあり、今、長男・次男ともに

経済的に余裕がなくても、塾に通わせております。

住まわれている地区によっても、事情が違うと思いますが、

子供の人生は「生まれた家庭と地域」で決まるという、

今日のニュースを見て改めて色んなことを考えさせられております。

少しでも、日本の子供達が平等に良質な教育を受けられる環境

作って欲しいと切に思います。

 

偏差値70 塾の授業料無料 特待生になる方法を伝授します💎

タイトルとURLをコピーしました